FAQ

FAQ

よくあるご質問について

他社のゴルフインソールは既製品が多く、オーダーメイドのものでは足型のみを採型し、その足型通りのインソールを作ることがほとんどです。規制品は1人ひとりの足に合わせていないので効果が得られづらい問題点がりますし、足型通りに合わせたインソールはではゴルフのパフォーマンスは決して向上しません。その足の形がスイングの癖を作り出してしまっているのに、その形通りに作っても何も変わりませんし、安定も得られません。ですので、動きを見ないで作るインソールでゴルフのパフォーマンスを良くできるはずがないというのが弊社の考え方です。理学療法士という動きの専門家がしっかりとチェックするからこそ、ゴルフパフォーマンスを向上させるインソールが作り出せるのです。

大変申し訳ございません。保険適応での作製は承っておりません。その代わりとして保険適応後の自己負担平均価格よりお安い価格設定とさせていただいております。

ヘタリはほとんど生じません。全ての材料が極めてへたりづらい材料のみを使用しているため、アーチ部分の形状が変化は長年ご使用いただいてもほとんど生じません。

はい。他のBio-Earth Technologyのサービスとして、持ち込み加工を承っております。ベッドのシーツやスポーツのユニフォームなど、お問い合わせ後に弊社に郵送いただければBio-Earth加工を施させていただきます。また、家全体へのBio-Earth加工も人気となっております。

いいえ。水洗いをしても、なにをしても、効果が減少、消失することはございません。

半永久的で効果は持続します。

はい。スイングが変化したら作り直していただいた方がより高いパフォーマンスを出すことができます。ですが、作り直しをしなくてもスウェーを止める効果はそのまま得られます。目安としては2~3年おきの作り替えをお勧めしております。

およそ2~3年ほどご使用いただけます。日本製のへたりづらく、穴が開きづらい強度の強い材料で作製しておりますので、長くご使用いただけます。

注文の量と物流状況などにもよりますが、通常2週間前後でのお届けとなっております。

ご安心下さい。30日間の返金保証をご用意しております。万が一足に合わない場合は、返品アンケートにお答えいただき、全額返金させていただきます。

インソールを装着して数回は痛みがでることがあります。これはからの使っていなかった筋肉が痛んでいることがほとんどで、決して悪い痛みではありません。1週間ほどで体が慣れて痛みが消失することがほとんどです。このことは、より理想的な筋肉の使い方を体が記憶したことを意味します。スパイラルターンを使ってより理想的な動きを体に染み込ませていただければと思います。

現在、インターネットでご注文いただけるのはゴルフインソールのみとなっております。痛みに対するインソールも専門でやらせていただいておりますが、ゴールドコーストにあるスタジオに直接お越しいただいたお客様限定のサービスとなっております。ゴールドコーストにお越しの際はお気軽にお立ちより下さい。

現在、インターネットでご注文いただけるのはゴルフインソールのみとなっております。他のスポーツ用の場合はオーストラリアのゴールドコーストにあるスタジオに直接お越しいただけましたら作製可能です。ゴールドコーストにお越しの際はお気軽にお立ちより下さい。

優しく水洗いいただき、陰干しいただければと思います。洗濯機と乾燥機のご使用はお控えください。

ゴルフ以外へのシューズへのご使用はお控えください。このインソールはゴルフスイングのための独特の形状となっております。ゴルフ中の歩行動作は全く問題ございません。

はい。問題ありません。まずはご注文時にオーダーフォームに入力いただいたシューズにできるだけ合うよう作製させていただきますが、差し替えてご使用いただいても十分な効果が出ます。注意点として、ランニングシューズなど、ゴルフシューズ以外へのご使用はお控えください。スパイラルターンはゴルフスイング専用の特殊形状となっているためです。ゴルフ中の歩行動作は全く問題ございません。

足の写真は足のサイズと母指球の位置を算出するために用います。インソールの形状は動きの動画から選出していきます。インソールの形状パターンは40,000パターン以上の中からあなたに最も適する形状を選び出します。

はい。人間工学を用いて人の足に合う形状をベースとして作製するので足にもしっかりフィットします。その元形状をお客様1人ひとりの動きに合わせて変形させオーダーメイド化していきます。

実は足の裏の高さを数ミリ高くしたり低くしたりすることで体の重心運動を操作することができます。この方法を利用することで、苦手な動作をしやすくしたり、どうしても出てしまう癖を抑制したりすることができます。これは全身の動きをみることで足裏のどの位置を何ミリ高くしたり低くしたりすれば良いかというビックデータを用いて、動きに合わせたインソールの形状を作り上げていきます。

Load More